なぐログ〜30代後半からの育児と資産運用〜

30代後半に息子が生まれ、息子の将来を考えると お金の心配が出てきましたため、資産運用も始めました ブログ引っ越ししました→【なぐログ

Tag:ポイント

どうも、なぐです

積み立て兄さんって知ってますか?

自分は積み立て兄さんは知りませんが、
積み立てNISAのことなら知っていますよ


金融庁のHPに説明が載っていました
積み立てNISAとは?

カンタンにいうと

「毎年40万円まで非課税で20年間積み立て投資が出来る制度」

つまり

政府
「今の、公的年金の制度は期待しないでね…
老後破綻を起こす恐れが大いにあるよ?
課税しないから、若いうちから積み立てをして
老後に備えておいてね」


というメッセージでもあるのです

とはいえ、貯金神話がはびこる日本では
「投資」という言葉に対して
アレルギーみたいなものがありますよね

「定期預金でいいぢゃん」
「お金減る可能性もあるんでしょ?」

定期預金でお金は減らないですが、
価値は下がるかもしれません

お金の価値について
過去記事はこちら→【今日の100万円は20年前も100万円で20年後も100万円ってことでおけ?

むしろ年間ATM手数料で定期預金の金利分は
飛ぶかもしれないですよね

↓こういう人はこれ以降は読まないで大丈夫ですw

でわ、積み立てNISAのメリット・デメリット
をみていきましょう

【メリット】
運用益が非課税
解約が出来る

【デメリット】
元本割れする恐れがある

メリットかデメリットかわからないのが、
最長20年非課税
年間40万円までしか積み立てできない

他にも細かいことはあるんですが、

損益通算できない
繰り越し控除ができない…など

初心者には必要なさそうなので割愛w

同じ様な制度で「iDeCo」があります
カンタンに比較しておくと

【メリット】
運用益は非課税
掛け金が全額控除

【デメリット】
60歳まで解約できない
毎月手数料がかかる

「iDeCo」の方がメリットは大きいですよね
過去記事はこちら→iDeCoで老後格差をなくそう!


積み立てNISAの始め方ですが、まずは証券口座を開設しましょう

なぐのオススメは楽天証券です
【過去記事はこちら→楽天経済圏で生きていく…

楽天証券だと楽天ポイントでさらに積み立てることが出来ます
残高に対してポイントも付くのでオススメ

_20180630_195234

積み立てNISAで扱う商品は、金融庁が指定したもので
100種類くらいあります
長期運用するので、手数料が低いインデックスファンドを選びましょう

小さなことからコツコツと

数か月単位で上がった下がったで判断するのはやめましょう
積み立てこそ最上の方法なのですから

以上、積み立て兄さんでしたw











どうも、なぐです

去年の年末にすごい企業を発見しました
楽天」って知ってますか?

ネットショッピングはAmazon派だったので、
楽天のことはあまり知りませんでした

投資信託を買うためにネット証券を調べていると
楽天証券は楽天銀行との組み合わせで
メリットがすごかったんです!!

【メリットその1】

楽天銀行口座と楽天証券口座を持っていると、
普通預金金利が0.1%になります

メガバンクの普通預金金利は0.001%
定期預金金利(1年もの)は0.01%

普通預金金利が100倍
定期預金で10倍も金利が違います

【メリットその2】

ハッピープログラムという条件付きですが、

ATM手数料無料(最大7回/月)

他行振込手数料無料
(最大3回/月)
になります
_20180627_235023

マネーブリッジを設定すると、
銀行・証券間の資金の移動は無料

さらに取引ごとに楽天ポイントが付与され、
ランクが上がると1取引で3ポイント付きます

【メリットその3】
ポイントで投資信託を購入できる
(期間限定ポイントは購入不可)
100円から積み立て投資が可能
投資信託の残高10万円ごとに毎月4ポイント付与


手数料無料ってほんとに大きいですよね
去年、0.25%(1年もの)で
定期預金で100万円預けたんですが、
税金20%引かれ、利息2000円付きました

でも、年間でATM手数料はそれ以上なんですよね
月2回ATMを使用したとして、手数料は月216円
年間だと約2400円、振込しちゃうと完全にアウト
せっかく定期預金したのにマイナスなんて
残念すぎませんか?

なので、ハッピープログラムを利用して
手数料を無料にしちゃいましょう
せっかくなので、ポイント3倍も達成しましょう

となると、条件を満たすのはVIP以上なので、
まずはVIPを目指します

ハッピープログラムは残高または取引件数で
ランクが決まります
残高100万円以上キープは庶民のなぐは厳しい
(毎月投資で残高少ないんですw)

なので取引回数20回を達成を目指します
取引回数20回って意外と難しいですよね

そこで…

楽天証券の積立投資って100円から出来るんです
100円で20個投資信託を毎月積み立てすれば、
条件が達成できるんです!あら、ステキ♪

つみたてNISAをやっている人であれば、
毎日つみたてを2つやればカンタンにVIPになれます

まずは楽天証券の口座にログインしましょう

「設定・その他」で「マネーブリッジ」を選択
自動出金設定を行います

お互いの口座の自動出金時に残す金額を
「0」に設定しましょう
下の画像のようになっていれば大丈夫です
_20180628_010352

あとは、投資信託の積み立て設定を行いましょう
説明は割愛しますが、1つだけ注意があります

それはカウントされる取引件数の
1日の上限が15件なんです
なので、最低2日に分けて投資信託の
積み立て設定を行いましょう

すると・・・
_20180628_011108
100円が複数自動引き落としされていますよね
ちなみに「1」は件数 「3」は獲得ポイント

こうすることで

_20180628_011154

取引件数22件でVIPになりました♪

VIPになるために毎月2000円を使用するなら
手数料を払った方が安いぢゃねぇか!とお叱りを受けそうですが…
支払った2000円は投資信託として残っています
さらに1件に対し3ポイント付与されているので、月60ポイント増えます
ってことは投資信託を実質3%オフで買えるってことなんです

さらに残高が10万円を超えると、毎月4ポイントが付与されます
小さなことですが、ちりも積もれば山になります

支払いできるものはすべて楽天カードで行い、
期間限定ポイントは好きなものを購入
再びポイントゲットし、投資信託に回します

投資信託で利益が出ると税金を払わなくてはいけないので、楽天でふるさと納税を行い、楽天カードで支払いましょう
ふるさと納税した分のポイントがまた付与されるので、投資信託の買い増しをしましょう

ムダなくポイントを循環させることが出来ますね

ケイタイは今、docomoなのですが、
楽天が携帯事業に参入するとのことなので、
様子をみてMNPも検討しています
今の楽天モバイルでもいいんだけどな…

どうです?楽天経済圏って地味にすごいでしょ?

ぜひ参考にしてみてください

以上、なぐでした
















どうも、なぐです

さて先日お伝えした「dポイントで投資出来る」ってサービスがいつの間にか始まっていたので、
さっそくやってみました♪

【過去記事はこちら→ dポイントで投資が出来るようになる?

【最新記事はこちら→dポイントで投資中!カンタンに増やせる!?

dメニュー→dポイント→貯める→ポイント投資で貯める



まずはここまでいきましょう

_20180602_235039


ここから入ると、ポイント投資のページへ
ポイント投資について説明してくれてます
不安な方は熟読しておきましょうね

それではポイントを使ってみます

まずはじめにコースの選択です

_20180602_235119
アクティブコース
バランスコースの2種類があります

アクティブコース→債権より株式に大きく比重を置き、高いリターンを目指すコース


バランスコース→株式より再建にやや比重を置き、安定したリターンを目指すコース


コースはいつでも変更可能のようですが、
2つのコースの併用は不可みたいです


次に
_20180602_235733

100P単位で入金というか、入ポイントできます
入れたい分だけポイントを入力しましょう

最初から枠外に「00P」ってついているので、
「2000P」入れたいときは「20」となります

ちなみに1回の上限は99900Pなので、
それ以上入れたい場合は複数回に分けていれましょう

※2018年12月17日から1日の上限が2000Pに変更になりました。
(THEO+docomo利用者は上限10000P)

_20180602_235211

はい、これで完了ですね
チャートみたいなのも出ます。
ちょっと投資っぽい雰囲気出ますよね(笑)

追加・引き出しは即時対応できるみたいです

_20180602_235711


コースの変更も上のメニューから簡単にできます
これも即時変更可能だそうですね

ちなみに最初にやったときは両方に投資できると思って、2000Pいれてみましたが、出来なかったのでさらに2000P入れました
もちろん、なぐはアクティブに運用しますよ♪

_20180602_235231


履歴では、ポイントの出し入れについてみることができます

_20180602_235640


ちなみにこのポイント投資ですが、
【THEO】というロボットアドバイザーが設定・運用している投資信託の基準価格に連動し毎日変動するとのこと

ただし、土日祝は変動しないとのこと

ポイントの更新は1日1回17時頃に更新
仕事が終わってからの楽しみが増えそうですね

そして、ポイント投資と同時に始まったのが、
  
   【THEO+docomo】
一旦ログインして、「もしもシミュレーション」から【THEO+docomo】のページへ行けます

これは最近はやりのロボアドバイザーにドコモが加わったやつですね

【ロボアドバイザーについてはこちら→ ロボアドって知ってる?WealthNaviやってみた♪

ロボアドなので、口座開設後にプラン診断をします

何年後にいくら貯めるか、
目標を立てるといいですね

_20180602_235316

次に、開設した口座に入金

あとはロボアドに任せて、
毎月入金するだけのカンタンなお仕事です


普通の「THEO」と「THEO+docomo」の違いは

docomoが加わることによって、
運用でdポイントが貯まるとのこと

_20180602_235256

ドコモの回線利用者は1万円につき1.5ポイント
非ドコモユーザーは1万円につき1ポイント

投資一任報酬(運用手数料みたいなもん)として
預かり資産の年率1%とられますが、
上の表から100万円運用すると、

年間で1800ポイント得て、
手数料として1万円出ていくことになるので、
つまり、運用手数料は0.82%
(計算あってるかな?)

積み立てで長い年月をかけると、
年率もバカにならないので
この辺も考慮すべきですね

ただし、上記の計算はドコモユーザーに限ってになりますのであしからず

もうひとつ、
「THEO+docomo」ならではのサービスが

    【おつり積立】

dカードで決済した端数をおつりに見立てて積み立てる仕組み
WealthNaviでいうとマメタスみたいなものですね

_20180603_010920



あとはドコモ口座と連携したり、dアカウントでログインできたりするそうです


以上、ポイント投資と、THEO+docomoについて語ってみたわけですが…

まずはポイント投資で遊んでみて、
それから投資について考えるきっかけになればいいかなと思います

ポイント投資については一応、成績をUPしていきたいと思います
嫁のIDで運用できるならバランスコースと併用していこうと思います

あいにくTHEO+docomoまでは手が回らないので、ロボアドはWealthNavi+マメタスで頑張っていきますよ!

以上、なぐでした

↑このページのトップヘ