なぐログ〜30代後半からの育児と資産運用〜

30代後半に息子が生まれ、息子の将来を考えると お金の心配が出てきましたため、資産運用も始めました ブログ引っ越ししました→【なぐログ

2018年06月

どうも、なぐです

最近、投資や運用について話をすることが
徐々に増えてきました

「何をしたらいいのかわからない」
っていうのが大多数です

年代や家族環境によって運用方法が変わっていきます
30代からのドモホルンリンクル
40代からのSK-Ⅱみたいに

20代ならばリスクを負ってもいいと思いますが、
50代だとリスクを軽減し確実に運用すべきです

というわけで、年代別でやるべき投資について
カンタンにまとめてみたいと思います



【20代】

「積み立てNISA」
  • 年数を活かし、少額でも運用益が期待できる
  • 途中解約も出来るため、結婚資金など多目的に使用可能
  • 20年後、子供の教育資金が貯まっている
リスクをとって「仮想通貨」「FX」も

【30代】

「積み立てNISA」
  • 子供の教育資金の形成に
  • 途中解約も出来るので多目的に使用可能
「iDeCo」
  • 老後の資産形成に
  • 節税効果バツグン
  • 60歳まで解約が出来ないので注意が必要
  • 自己破産しても残る

【40代】

「iDeCo」
  • 老後資産の形成
  • 節税効果バツグン
  • 60歳まで解約出来ないので、教育資金不足に注意

「積み立てNISA」
  • 老後資産の形成に
  • 運用益は節税効果も期待できる「iDeCo」が有利

【50代】

「iDeCo」
  • 老後資産形成のラストチャンス
  • 60歳まで解約できない
  • 節税効果はあるが年数が短い
  • 加入後10年経過しないと受け取れない

【60代】

「NISA」
  • 定年までの短期運用

「積み立てNISA」と「iDeCo」が無難です
どちらも積み立てなので、
時間がお金を増やしてくれます

20代から運用できると強いですよね
もっと早く知りたかったよ

せめて40代後半から「iDeCo」を利用しながら
老後資産の形成をしていきたいものです

メリット・デメリットを把握したうえで
利用していきましょう

以上、なぐでした












どうも、なぐです

去年の年末にすごい企業を発見しました
楽天」って知ってますか?

ネットショッピングはAmazon派だったので、
楽天のことはあまり知りませんでした

投資信託を買うためにネット証券を調べていると
楽天証券は楽天銀行との組み合わせで
メリットがすごかったんです!!

【メリットその1】

楽天銀行口座と楽天証券口座を持っていると、
普通預金金利が0.1%になります

メガバンクの普通預金金利は0.001%
定期預金金利(1年もの)は0.01%

普通預金金利が100倍
定期預金で10倍も金利が違います

【メリットその2】

ハッピープログラムという条件付きですが、

ATM手数料無料(最大7回/月)

他行振込手数料無料
(最大3回/月)
になります
_20180627_235023

マネーブリッジを設定すると、
銀行・証券間の資金の移動は無料

さらに取引ごとに楽天ポイントが付与され、
ランクが上がると1取引で3ポイント付きます

【メリットその3】
ポイントで投資信託を購入できる
(期間限定ポイントは購入不可)
100円から積み立て投資が可能
投資信託の残高10万円ごとに毎月4ポイント付与


手数料無料ってほんとに大きいですよね
去年、0.25%(1年もの)で
定期預金で100万円預けたんですが、
税金20%引かれ、利息2000円付きました

でも、年間でATM手数料はそれ以上なんですよね
月2回ATMを使用したとして、手数料は月216円
年間だと約2400円、振込しちゃうと完全にアウト
せっかく定期預金したのにマイナスなんて
残念すぎませんか?

なので、ハッピープログラムを利用して
手数料を無料にしちゃいましょう
せっかくなので、ポイント3倍も達成しましょう

となると、条件を満たすのはVIP以上なので、
まずはVIPを目指します

ハッピープログラムは残高または取引件数で
ランクが決まります
残高100万円以上キープは庶民のなぐは厳しい
(毎月投資で残高少ないんですw)

なので取引回数20回を達成を目指します
取引回数20回って意外と難しいですよね

そこで…

楽天証券の積立投資って100円から出来るんです
100円で20個投資信託を毎月積み立てすれば、
条件が達成できるんです!あら、ステキ♪

つみたてNISAをやっている人であれば、
毎日つみたてを2つやればカンタンにVIPになれます

まずは楽天証券の口座にログインしましょう

「設定・その他」で「マネーブリッジ」を選択
自動出金設定を行います

お互いの口座の自動出金時に残す金額を
「0」に設定しましょう
下の画像のようになっていれば大丈夫です
_20180628_010352

あとは、投資信託の積み立て設定を行いましょう
説明は割愛しますが、1つだけ注意があります

それはカウントされる取引件数の
1日の上限が15件なんです
なので、最低2日に分けて投資信託の
積み立て設定を行いましょう

すると・・・
_20180628_011108
100円が複数自動引き落としされていますよね
ちなみに「1」は件数 「3」は獲得ポイント

こうすることで

_20180628_011154

取引件数22件でVIPになりました♪

VIPになるために毎月2000円を使用するなら
手数料を払った方が安いぢゃねぇか!とお叱りを受けそうですが…
支払った2000円は投資信託として残っています
さらに1件に対し3ポイント付与されているので、月60ポイント増えます
ってことは投資信託を実質3%オフで買えるってことなんです

さらに残高が10万円を超えると、毎月4ポイントが付与されます
小さなことですが、ちりも積もれば山になります

支払いできるものはすべて楽天カードで行い、
期間限定ポイントは好きなものを購入
再びポイントゲットし、投資信託に回します

投資信託で利益が出ると税金を払わなくてはいけないので、楽天でふるさと納税を行い、楽天カードで支払いましょう
ふるさと納税した分のポイントがまた付与されるので、投資信託の買い増しをしましょう

ムダなくポイントを循環させることが出来ますね

ケイタイは今、docomoなのですが、
楽天が携帯事業に参入するとのことなので、
様子をみてMNPも検討しています
今の楽天モバイルでもいいんだけどな…

どうです?楽天経済圏って地味にすごいでしょ?

ぜひ参考にしてみてください

以上、なぐでした
















どうも、なぐです

先日、家族を連れて
ジュラシックパークっぽい、
ダイナソーパークに行ってきました

みろくの里~ダイナソーパーク~(公式HP)

今回の目的はダイナソーパークだけなので、
フリーパス(大人3200円)は購入せず、
入園料(900円×2)と
ダイナソーパークの入場料(500円×2)のみ
3歳以下は無料なので、
1歳半の我が息子はタダ!!コスパ最強ですな♪

ちなみにダイナソーパークの全容はこんな感じ

_20180627_214707


徒歩で回るのですが、アップダウンが激しすぎ!
ベビーカーは危険です。女性はヒールも注意!
入り口で置いていきましょう

恐竜は意外とクオリティーが高かった!
DSC_0020


1529942874518
1529942883315
DSC_0024
竹林に恐竜っていうのが、
アンバランスでそれも味があっていいですよねw
DSC_0035
トリケラトプスもいましたよ


DSC_0025
最後に待ち構えるのは、
恐竜といえばT-REXことティラノサウルス
毛が生えたやつぢゃなくてよかったですwww
ちなみにこんなの↓

_20180627_225457
これがティラノサウルスといわれても、
しっくりこなさすぎですよね
モンハンには出てきそうですが…

みろくの里は「3世代で遊べる」そうで
他にもいろいろとありました

アスレチックや牧場もあったので、
アトラクションだけでなく楽しめる場所でした
子供が大きくなったら、また訪れようと思います

以上、なぐでした








どうも、なぐです

iDeCo(確定拠出年金)が3万社を突破し、
政府目標「2020年に2万社」を
大きく上回ったとの一報

iDeCoをやってる・やってないで
老後格差が生まれるかもしれません

毎月23000円で20年で552万円
節税額が毎年8万円で20年で160万円
さらに運用益・受け取り時も非課税・控除対象

貯金で老後資産を貯める人との差が激しすぎる

さぁ、老後格差を埋めるべく、いざiDeCo

で、周りでこういう話をすると
「難しそう」
「やり方がわからない」
「損するんでしょ?」

返ってくる言葉は、だいたいこの3つ

その言葉で、思考を停止させ一歩を踏み出せない人が多んですよね
そういう人に限って、退職金で株を買ったり…

退職金をいきなり運用に回すなんて、
キャッチボールしたことない人が、
試合に出るようなものです
まずは練習しないとダメなんです

練習し、その経験を積み重ねて結果が出るんです

「敵を知り、
己を知れば百戦危うからず」


まずは「難しそう」iDeCoのことを
知ることからはじめましょう

iDeCoとは確定拠出年金のことで、
税制面で優遇された制度です

掛け金・運用・給付の3段階で
税制優遇のメリットがあります

【メリットその1】

掛け金は全額所得控除

iDeCOに拠出した掛け金は全額所得控除の
対象となり、所得税・住民税が軽減され、
年末調整や確定申告により
納付した税金を所得と掛け金に応じて
還付することが出来ます

月々の掛け金額の上限は
属性によって変わってきます

_20180610_230336
普通に会社員だと23000円/月が上限
となります
年間だと276000円ですね

そして、これが全て控除されます

_20180610_230421
_20180610_230501

【メリットその2】

運用益が非課税

投資信託等の金融商品で運用する場合、
決済時に運用益に対して
所得税・住民税等(20.315%)が課税されますが、iDeCoでは運用益が非課税となります


【メリットその3】

給付の種類によって非課税・控除対象

積み立てた年金資産を受け取る際の給付には
「老齢給付金」「障害給付金」
「死亡一時金」があります

分割または一括で受け取る場合に
税制が優遇されます

「老齢給付金」
60歳以降に受給する個人年金で、
年金方式で5年~20年で受け取る場合、
公的年金等の収入が
65歳未満だと70万円まで、
65歳以上は120万円まで税金がかかりません

または一時金として一括で受け取る場合は、
退職所得となり、退職所得控除が受けられます。
iDeCOの積立期間によって控除額が算出され、

積立年数が20年以下の場合
40万×積立年数(80万円以下の時は80万円)

積立年数が20年超の場合
800万円+70万×(積立年数ー20年)

となります

「障害給付金」
70歳になる前に高度障害となった場合、
加入年数に関係なく、支給請求対象となります
受け取りは、年金方式・一時金のいづれか、
もしくは組み合わせが可能で、受け取り方法によらず非課税となります

「死亡一時金」は加入者が亡くなった場合、
遺族に対し支給されます
相続税の課税対象となります

と、メリットたっぷりのiDeCoですが、
もちろんデメリットもあります

【デメリットその1】

iDeCoは原則60歳まで引き出せない

60歳まではお金を引き出すことはできません
また加入してから10年を経過していないと60歳から受け取ることができません
50歳以上で加入した場合など、10年に満たない場合は受け取れる年齢が繰り下がります


【デメリットその2】

運用結果によっては
元本を下回ることがあります

運用先は投資信託や
元本保証の定期預金があります


【デメリットその3】

加入時と毎月手数料がかかります

加入時に、国民年金基金連合に2777円

毎月の手数料は会社ごとに異なりますが、
楽天証券だと国民年金基金連合に103円、運営管理手数料0円、信託銀行に64円
毎月合計167円が必要になります

ちなみに楽天証券は
運営管理手数料は0円です

iDeCOのメリット・デメリットは
これで大丈夫ですよね

「難しそう」と思っていたiDeCo
どうです?カンタンでしょ?

さて、次は「やり方」について

iDeCoを始めるには、口座を開設しなければいけません

お近くの銀行や証券会社で口座開設をしましょう
ちなみにオススメは運営管理手数料が不要なネット証券です
楽天証券・SBI証券は運用手数料が無料

ここで欠点が一つ
手続きが面倒なんです…会社に書類出したり…

ここでやる気がなくなるかもしれませんが、
面倒な手続きを1回やるだけで大きく変わるので、
がんばって手続きをしましょう

1:申し込み書を請求

2:送付されてきた書類の作成
  ・個人型年金加入申出書
  ・事業所登録申請書兼第2号加入者に係る
   事業主の証明書

3:口座開設

4:運用方法の決定

ざっと、こんな感じですね

ちょっと手間ですが、
「やり方がわからない」ことはないですよね


最後に、「損するんでしょ?」
損しない方法もあるんです!

運用方法によっては
元本を下回ることもありますが
iDeCoには元本保証しているものもあります

それが「定期預金」

「定期預金!?iDeCoぢゃなくても、
もうやってるよ!!」

と、お叱りの言葉が聞こえてきそうですが…

ここでiDeCoのメリットを振り返ってみましょう
掛け金は全額所得控除
運用益が非課税
給付の種類によって非課税・控除対象

普通の定期預金と比べると、税制の面で
雲泥の差ですよね

「難しそう」「やり方がわからない」といって、
何もしない方が実は結果として損をしているんです

ただ定期預金だと運用益はあまり期待が出来ないので
リスクを取りたい方は、投資信託での運用もオススメします
積み立ては時間がお金を稼いでくれる
あなたが二の足を踏んでいる間に、
どんどん置いて行かれますよ

少しでも老後格差解消にむけての一歩を
踏み出す後押しになればいいなと思います

以上、なぐでした









どうも、なぐです

タイトルからして
怪しい匂いがプンプンですね

そんなうまい話が…あるんです

iDeCoってご存知ですか?
個人型確定拠出年金のことで、
税制面で優遇された制度です

掛け金・運用・給付の3段階で
税制優遇のメリットがあります

【メリットその1】

掛け金は全額所得控除

iDeCOに拠出した掛け金は全額所得控除の
対象となり、所得税・住民税が軽減され、
年末調整や確定申告により
納付した税金を所得と掛け金に応じて
還付することが出来ます

月々の掛け金額の上限は
属性によって変わってきます

_20180610_230336

普通に会社員だと23000円/月が上限
となります
年間だと276000円ですね

そして、これが全て控除されます

_20180610_230421
_20180610_230501

例えば、年収400万の会社員が
毎月23000円拠出すると、
節税額は82800円

つまり、年間掛け金276000円に対し、
控除額が82800円
なので利回り約40%ですよね


【メリットその2】

運用益が非課税

投資信託等の金融商品で運用する場合、
決済時に運用益に対して
所得税・住民税等(20.315%)が課税されますが、iDeCoでは運用益が非課税となります


【メリットその3】

給付の種類によって非課税・控除対象

積み立てた年金資産を受け取る際の給付には
「老齢給付金」「障害給付金」
「死亡一時金」があります

分割または一括で受け取る場合に
税制が優遇されます

「老齢給付金」
60歳以降に受給する個人年金で、
年金方式で5年~20年で受け取る場合、
公的年金等の収入が
65歳未満だと70万円まで、
65歳以上は120万円まで税金がかかりません

または一時金として一括で受け取る場合は、
退職所得となり、退職所得控除が受けられます。
iDeCOの積立期間によって控除額が算出され、

積立年数が20年以下の場合
40万×積立年数(80万円以下の時は80万円)

積立年数が20年超の場合
800万円+70万×(積立年数ー20年)

となります

「障害給付金」
70歳になる前に高度障害となった場合、
加入年数に関係なく、支給請求対象となります
受け取りは、年金方式・一時金のいづれか、
もしくは組み合わせが可能で、受け取り方法によらず非課税となります

「死亡一時金」は加入者が亡くなった場合、
遺族に対し支給されます
相続税の課税対象となります

と、メリットたっぷりのiDeCoですが、
もちろんデメリットもあります

【デメリットその1】

iDeCoは原則60歳まで引き出せない

60歳まではお金を引き出すことはできません
また加入してから10年を経過していないと60歳から受け取ることができません
50歳以上で加入した場合など、10年に満たない場合は受け取れる年齢が繰り下がります


【デメリットその2】

運用結果によっては
元本を下回ることがあります

運用先は投資信託や
元本保証の定期預金があります


【デメリットその3】

加入時と毎月手数料がかかります

加入時に、国民年金基金連合に2777円

毎月の手数料は会社ごとに異なりますが、
楽天証券だと国民年金基金連合に103円、運営管理手数料0円、信託銀行に64円
毎月合計167円が必要になります

ちなみに楽天証券は
運営管理手数料は0円です

デメリットも把握してもらったところで、
ついでに【積み立てNISA】との比較も簡単にしておきますね

積立NISAは年間40万円まで、
上限20年積み立て可能
(年間40万円×20年で最高800万円まで)

運用益は非課税、途中解約が出来ます


さて、本題に戻ります

元本保証で利回り40%

やっぱりアヤシイですよね

上の説明の中から、抜粋しますよ

iDeCOで毎月23000円拠出し、
定期預金(元本保証)で運用する


定期預金で運用するので、
それ自体の運用益は微々たるものなのですが、
税制が優遇されるため、82800円の控除を受けられます
手数料で年間約2000円かかりますが、
控除分が還付されるので、結局はプラス8万円ってことになりますよね

276000円に対し、実質8万のプラスなので、
元本保証で利回り40%の完成!

元本を減らしたくないけど、資産形成したい方はこの方法がベストだと思います

40代で子供が産まれたら、子供の教育資金をiDeCOで貯めるってのもありですよね

メリット・デメリットを把握して、
しっかりと老後資産を形成していきましょう

以上、なぐでした











↑このページのトップヘ